カテゴリー

Bluetoothバーコードリーダー CT10の設定

最後の更新は 2021年10月4日 です


ユビレジアプリで商品のバーコードを読み取るために、iPadとBluetoothバーコードリーダーを設定する必要があります。

> コンパクトレジスター(mPOP)でバーコードリーダーをお使いいただく場合、Bluetooth接続型のバーコードリーダーをご用意ください。

### 基本操作
#### 名称

* トリガーボタン … 電源のオン/オフ、バーコードを読み取る(スキャン)操作
* インジケーターランプ … CT10の状況をランプの色、点滅/点灯で表示

#### 電源をオンにする
トリガーボタンを5秒程`長押し`すると、`ピー`と電子音が聞こえ、電源が`オン`になります。

#### 電源をオフにする
トリガーボタンを5秒程`長押し`すると、`ピッピッ`と電子音が聞こえ、電源が`オフ`になります。

#### バーコードを読み取る
トリガーボタンを軽く握ると`赤い光線`が照射されます。バーコードに向けて読み取ってください。読み取ることを`スキャン`といいます。

> バーコードの品質、距離により読み取れないことがあります。距離を変える、自作バーコードであればレーザープリンタで印字するなどお試しください。

戻る

### ペアリング設定
#### 準備するもの
* CT10本体 `※ 事前にUSBケーブルで接続し充電しておいてください`
* 同梱の英語と中国語で書かれているマニュアル `Bluetooth Barcode Scanner Quick Start Guide`
* ユビレジがインストールされているiPad

#### 手順
**Bluetooth Barcode Scanner Quick Start Guide**が必要となります。
下の画像のピンク色の枠で囲っている箇所を使用します。

`Pairing with iOS devices`に書かれているバーコードを`①→②→③の順番`でスキャンします。

3つのバーコードをスキャンすると、CT10のインジケーターランプが`赤色で点滅`します。

インジケーターランプが点滅したことを確認し、インジケーターランプが`消えるまで`トリガーボタンを`長押し`します。

ユビレジがインストールされているiPadの`設定`アプリの`Bluetooth`をタップします。

> Bluetoothが`オン`になっていることを確認してください

CT10のトリガーボタンを`長押し`し、電源をオンにします。
しばらくすると`その他のデバイス`に`CT10********`が表示されるのでタップします。

> 機器固有の番号となりますので、CT10の後に表示される番号は機器ごとに異なります

CT10をタップするとiPadとペアリングするために必要となる`4桁のPINコード`が表示されます。

`Pairing with iOS devices`に書かれている0〜9のバーコード(④枠)を`4桁のPINコード`の順番にスキャンします。
最後に`Confirm`(⑤枠)をスキャンします。

> * 一定時間内に4桁のPINコードが入力できないとエラーになります
> * しばらく待つと再度PINコードの入力を求められるのでスキャンしてください

CT10より`電子音`が聞こえます。iPadの`設定`アプリの`自分のデバイス`に`CT10********`が移動し、`接続済み`になっていることを確認してください。

CT10のインジケーターランプが`青色の点滅`になっていれば設定は完了です。

戻る

### 自動電源オフの時間を変更する
`印刷マニュアル`が必要となります。
下の画像をPCまたはMacでクリックしてPDFファイルをダウンロードします。
ダウンロードしたPDFファイルの3ページめを印刷して、手順に従いバーコードをスキャンしてください。

CT10 設定マニュアル

戻る

### バーコードをスキャンする
トリガーボタンを軽く握ると`赤い光線`が照射されます。バーコードに向けて読み取ってください。
読み取ることを`スキャン`といいます。

スキャンするバーコードより5〜6cm程度離してスキャンしてください。
スキャンするバーコードとの距離が近いと読み込めないことがあります。

戻る

### ペアリング設定の解除
#### 準備するもの
* CT10本体 `※ 事前にUSBケーブルで接続し充電しておいてください`
* 同梱の英語と中国語で書かれているマニュアル `Bluetooth Barcode Scanner Quick Start Guide`
* ユビレジがインストールされているiPad

#### 手順
別のiPadでCT10を使用する場合、設定済みのiPadよりペアリング設定を解除する必要があります。
**Bluetooth Barcode Scanner Quick Start Guide**の`Common Function Barcodes`にある`Enter Setup`(④枠)→`Factory Reset`(⑤枠)をスキャンします。

iPadの`接続`アプリの`Bluetooth`にある`自分のデバイス`に登録されていた`CT10********`が`未接続`になったことを確認します。

> `未接続`にならない場合、1度Bluetoothを`オフ`→`オン`してみてください

`未接続`の右側にある`(i)`をタップします。

`このデバイスの登録を解除`をタップします。

登録の解除についてメッセージが表示されるので確認し、`OK`をタップします。

`自分のデバイス`から登録されていた`CT10`が消えたことを確認して終了です。

戻る

### ソフトウェアキーボードの切り替え
顧客の検索をしたいなどの際、ソフトウェアキーボードが表示されますが、Bluetooth接続のバーコードリーダーに繋いでいるとソフトウェアキーボードが表示されないことがあります。
これはiPadの内部的にバーコードリーダーがキーボードとして認識されているためです。

ソフトウェアキーボードを表示するには、CT10のトリガーを`3回`ひいてください。ソフトウェアキーボードが表示されます。

戻る

### 印刷マニュアル
製品に同梱されているマニュアルが分かり難いため、PDFファイルでマニュアルをご用意しました。
PCまたはMacで`下の画像をクリック`してファイルをダウンロードしてください。その後、プリンターで印刷してご利用ください。

CT10 設定マニュアル

戻る

他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム