カテゴリー

QL-700:バーコードラベルを作成する

最後の更新は 2021年8月2日 です

ユビレジでは[バーコードの登録](https://support.ubiregi.jp/archives/3550)やバーコードリーダーを使用して注文を受けられますが、バーコードを作成する機能はありません。

ユビレジのWebサイトまたは『[ユビレジ 在庫管理](https://ubiregi.jp/stock)』よりバーコード作成に必要なCSVファイルをダウンロードできます。ピータッチQL-700に付属する専用の編集ソフト[P-touch Editor](http://www.brother.co.jp/product/labelprinter/editor50/index.htm)でCSVファイルを読み取ることにより、簡単にバーコードラベルを作成できます。

>「ピータッチQL-700」の販売は、現在終了しております。

### 必要となるもの

* PCまたはMac
* ブラザー ピータッチQL-700 ※ ドライバのインストールが完了し使用できる状態であること
* P-touch Editor ※ アプリケーションのインストールが完了し使用できる状態であること
* [ピータッチQL-700用テンプレート 62mm](https://www.stockscan.in/static/etc/ptouch_template1.lbx)
* 「ユビレジ」または「ユビレジ 在庫管理」よりダウンロードしたCSVファイル

> 『ピータッチQL-700』および『P-touch Editor』の設定や詳細については、製品マニュアルやブラザーのWebサイトをご確認ください。

> * [ピータッチQL-700](http://support.brother.co.jp/j/b/producttop.aspx?c=jp&lang=ja&prod=es_ql700jp)
> * [テンプレートを利用したバーコードラベルの作り方(P-touch Editor 5.0 for Windows)](http://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=es_ql700jp&ftype3=128&faqid=faqp00010376_002)
> * [P-touch Editorの使い方を教えてください(P-touch Editor 5.0 for Mac)](http://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=es_ql700jp&ftype3=133&faqid=faqp00010351_002)
> * [よくあるご質問(Q&A)](http://support.brother.co.jp/j/b/faqtop.aspx?c=jp&lang=ja&prod=es_ql700jp)
> * [ブラザー:ピータッチQL-700に関するお問い合せ窓口](http://support.brother.co.jp/j/s/support/contactus_cat/ptouch.html)

* PCを使う場合
* Macを使う場合
* ユビレジのCSVファイルをMacで使用する場合


### PCを使う場合

P-touch Editorを起動し、`開く`をクリックします。

ダウンロードしたテンプレートファイルを開きます。以下の画像のようなエラーが表示されますが、無視して`いいえ`をクリックします。

レイアウトの設定が完了しているテンプレートが開かれます。

`ファイル`から`データベース`→`接続`をクリックします。

`参照`をクリックして`CSVファイル`を選択し、`次へ`をクリックします。

フィールドの割り当てが`なし`になっているため、各項目にCSVファイルのどの項目を割り当てるのか、選択していきます。

以下の画像では、最後の項目を`SKU`としていますが、店舗の判断で`カテゴリー名`を選択でも分かりやすいラベルになると考えられます。すべての割り当てが完了したら、`OK`をクリックします。

割り当てを行なった状態でサンプル画像が表示されます。

内容を確認し問題がなければ、`印刷`ボタンをクリックします。以下の画像では`すべてのバーコード`を`1部`ずつ印刷する設定になっていますが、店舗の状況にあわせて変更し、`プリント`をクリックします。

ラベルプリンタよりラベルシールが印字されて、1枚ずつカットされた状態でプリントアウトされます。


### Macを使う場合

「ユビレジ」よりダウンロードしたCSVファイルはP-touch Editorで使用する文字コードと異なるため、そのままでは使うことができません。「ユビレジ 在庫管理」よりダウンロードしたCSVファイルではなく、ユビレジよりダウンロードしたCSVファイルを使用する場合は、文字コードを変更してお使いください。

P-touch Editorを起動し、`ファイルを開く`をクリックします。

ダウンロードしたテンプレートファイルを開きます。以下の画像のようなエラーが表示されますが、無視して`OK`をクリックします。

レイアウトの設定が完了しているテンプレートが開かれます。

`ファイル`から`データベース`→`接続`をクリックします。

`参照`をクリックして`CSVファイル`を選択し、`次へ`をクリックします。

フィールドの割り当てが`なし`になっているため、各項目にCSVファイルのどの項目を割り当てるのか、選択していきます。

以下の画像では、最後の項目を`SKU`としていますが、店舗の判断で`カテゴリー名`を選択でも分かりやすいラベルになると考えられます。すべての割り当てが完了したら、`OK`をクリックします。

割り当てを行なった状態でサンプル画像が表示されます。

内容を確認し問題がなければ、`印刷`ボタンをクリックします。用紙サイズが違う旨メッセージが表示されますが、`OK`をクリックします。

以下の画像では`すべてのバーコード`を`1部`ずつ印刷する設定になっていますが、店舗の状況にあわせて変更し、`プリント`をクリックします。

ラベルプリンタよりラベルシールが印字されて、1枚ずつカットされた状態でプリントアウトされます。


### ユビレジのCSVファイルをMacで使用する場合

ユビレジよりダウンロードしたCSVファイルはP-touch Editorで使用する文字コードと異なるため、そのままでは使うことができません。以下の手順で文字コードの変更を行なってください。

テキストエディットでユビレジよりダウンロードしたCSVファイルを開きます。

`ファイル`から`複製`を選択します。

`ファイル`から`保存`を選択します。

`標準テキストのエンコーディング`を`Unicode(UTF-8)`に変更します。`名前`は分かりやすい名称で設定し、`保存`ボタンをクリックし保存してください。

引き続き、Macを使う場合の手順で作業を行ないます。

他にご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。 問い合わせフォーム